クレジット枠の違いについて

ショッピング枠とキャッシング枠の違いについて

ショッピング枠とキャッシング枠と異なる機能が備え付けられているのですが、ではそれぞれの機能の違いをみてみましょう。
クレジットカード本来の機能はショッピング枠のみです。
商品を購入した際の支払いや携帯電話や公共料金の支払いに利用することができる機能です。
クレジットカード決済にすることで、料金の支払いをカード会社に一時立て替えて払ってもらうことができ、締め日に1か月分の利用をまとめて請求されます。
請求金額の支払いは、締めの翌月に口座からの引き落しです。
クレジットカード決済にすることで高額なお金を持ち歩く必要がない、還元率に応じてポイントが貯まるというメリットが受けられるため多くの方に利用されています。
これがショッピング枠を使った決済で、クレジットカードの通常の利用方法です。
ショッピング枠はクレジットカードの基本機能ですが、キャッシング枠はクレジットカードに必ずしも付帯している機能ではありません。

しかし最近ではクレジットカード契約と同時にキャッシング枠が付帯するクレジットカードも珍しくはなくなりました。
キャッシング枠は、いわゆる借り入れに使える機能です。
クレジットカードをATMに差し込むと、そこから現金を引き出せてカード会社からお金を借りることができます。
クレジットカードのオプション機能と思っておきましょう。
このようにショッピング枠とキャッシング枠はクレジットカードで使える機能ですが、いずれも無制限に利用できるわけではなく、各枠ごとに利用できる金額の上限を設定しています。

ショッピング枠は、クレジットカード決済として利用する時に使える金額の上限を規定しています。
例えばショッピング枠50万円に設定されている場合、クレジットカードによる決済は50万円までしか利用できません。
対するキャッシング枠は、クレジットカードで借り入れをできる金額の上限を規定しています。
ショッピング枠が50万円なら、50万円の中のいくらかがキャッシングに充てられることになるので、キャッシング枠がショッピング枠を上回ることはありません。
どのくらいの枠が設定されるかは個人の条件に応じるため幾らとは言えませんが、クレジットカードの支払いを延滞せずに正しく利用していくことでショッピング枠を拡大してもらうことが可能です。
ちなみにキャッシング枠に関しては、個人の意思で上限金額を0円にしてもらうことで利用できないように設定することもできます。
当然、現金が欲しいといった時はこの場合は借りることは出来ません。
そんな時の裏ワザとしてクレジットカードの現金化というサービスがあります。
これはクレジットカードのショッピング枠を現金化するため、キャッシング枠がなかったり、あるけど使い切ってしまった場合でも利用することが可能です。
ただし還元率というものがあるため、どのサイトでも良いというわけではありません。
還元率とは外貨両替する際のレートのようなもので、中にはひどい還元率のサイトもあるので注意が必要です。
以下に初心者でもおすすめの現金化サイトを掲載しておきますので、必要ならば参考にしてください。

【外部リンク】
  クレジット現金化なら即日対応のお助けクレジット

記事一覧

カレンダー

2014年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930