勃起不全にはシアリス

勃起不全に効果的なシアリスを含むED治療薬ですが、誤った服用方法は身体に大きなダメージを与えるので絶対に止めましょう!

シアリスの有効成分タダラフィル

シアリスや他の先発薬2種 ED治療薬の1つであるシアリス(ジェネリック医薬品含む)は、持続時間が長いことで知られています。

従来のバイアグラやレビトラなどのED治療薬は5時間程度でしたが、シアリスの場合は最大で36時間もの効果が持続します。

また、食事を摂ることで効果が弱まらないのもメリットで、服用するにあたって、食事やシチュエーションなどを選ばなくて良いという事が言えます。
シアリスについての詳細

ストレスが原因で勃起不全になった方はもちろんのこと、勃起不全で悩むと精神的なショックや、また起たなかったらというプレッシャーが生じ、緊張状態になります。

リラックスできずに勃起が妨げられるケースも多いため、シアリスのようにタイミングを気にせず、持続時間が長いお薬はとても効果的と言えます。

正しく服用することで、有意義にお薬の効果を得る事ができますが、誤った服用方法は身体に対して重大なダメージを与える事もありますので、注意点や禁忌薬についても理解して服用するようにしましょう。


シアリスを含むED治療薬の注意点

ED治療薬は勃起に悩む多くの人の心強い味方ですが、その服用方法を誤ると思わぬ副作用や時には重篤な問題を引き起こすので服用には正しい知識と注意が必要です。

特に心臓病(狭心症)でニトログリセリンを服用している人や、高血圧・低血圧の人は服用によって重大な副作用を引き起こす可能性があるので服用前に必ず医師による診察を受ける事が重要です。

服用に注意が必要な人(服用できない人)
シアリスと本
ATTENTION

・心臓病や狭心症の持病を持ち、硝酸剤・供与剤(ニトログリセリンや亜硝酸アミルなど)を投与中の人。
・心血管系障害を持っている人。
・重度の肝機能障害がある人。
・低血圧の人(※最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)
・高血圧の人(※安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)
・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の疑いがある人。


これらの症状がある人は服用に注意、または服用はできません。
特に硝酸薬を服用している人は血圧の急激な低下によって死に至る可能性があるので絶対に服用してはいけません。


代表的なED治療薬の併用禁忌薬
先発薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの錠剤
商品名称 詳細
バイアグラ
不整脈の薬の一部であるアンカロンが含まれている薬
肺高血圧症の薬の一部であるアデムパスが含まれている薬
狭心症の薬の一部であるニトログリセリン(硝酸剤)が含まれている薬
レビトラ
不整脈の薬の一部であるアンカロンが含まれている薬
水虫の内服薬の一部であるイトラコナゾールが含まれている薬
抗ウイルス薬の一部であるHIV治療薬、インビラーゼが含まれている薬
チトクローム阻害剤の一部であるインジナビルが含まれている薬
狭心症の薬の一部であるニトログリセリン(硝酸剤)が含まれている薬
シアリス
狭心症の薬の一部であるニトログリセリン(硝酸剤)が含まれている薬


誤った服用方法
バツを指でつくる女性 ED治療薬は正しい服用方法を守らなければその効果も十分に得られません。
間違えた服用方法によって今よりも症状が悪化する場合もあるので正しい服用方法を守る事が大事です。

ATTENTION

・効果がないからといって一度に複数錠の服用をする。
・満腹時に服用する。
・性行為直前に服用する。
・前回の服用から24時間以内に再度服用する。

これらの服用方法は間違えた服用方法で、本来の効果が得られない可能性も十分にありますし、特に複数錠を1度に服用することは最も危険な服用方法ですので絶対にやめましょう。