勃起不全にはシアリス

勃起現象が起こるメカニズムを正しく理解する事は勃起不全の原因究明に役立ちます。原因を把握したらシアリスで治療しましょう!

勃起現象の仕組み

医者 一般的に垂れ下がっている陰茎がそそり立った状態に変化することを勃起現象と呼びますが、実はこの勃起現象の変化が対外的な症状として起きるまでには神経や血管など様々な器官が関わりすさまじい活動をしています。

見た目は単純な変化ですが、その中身はとても複雑なのもので専門分野に長けた人ではない限り、一般の方で完璧に理解している方は少ないと思います。

複雑と言っても、大まかな仕組みやメカニズムを理解するだけであれば、1時間足らずで理解する事が可能です。

そしてその仕組みをしっかり理解しておけば何かしらの変化(異常)が起きた時に相応の対処ができるので、きちんと知識を入れておくことが大切です。


勃起を引き起こすメカニズム
男性の陰茎には陰茎海綿体と呼ばれる毛細血管が集合したスポンジ状の器官があります。

勃起作用が起きていない状態ではこの海綿体と毛細血管の集合体は栄養や酸素を運ぶ働きをしていますが、何らかの性的刺激を受け勃起作用が始まると「陰茎深動脈」と「螺行動脈」が緩み、海綿体に大量の血液が流れ込み海綿体がパンパンに硬直します。

このパンパンに硬直した状態を勃起状態といいます。
勃起の仕組みイラスト













勃起現象に至るまでの体内活動

勃起現象は「神経の活動」と「血管(血液)の活動」の2つの活動によってを引き起こされています。

神経の活動
きゅうりで表現 勃起は脳が性的刺激を感知する事で始まりますが、実際の勃起の症状があらわれるまでに、3つの神経を経由します。

まず、脳で感知された性的刺激は、脊髄から中枢神経(勃起中枢)を経由し副交感神経に伝達されます。

副交感神経に伝達された性的刺激は最終的に海綿体の神経に伝達され勃起作用を引き起こします。

血管(血液)の活動
海綿体に大量の血液が流れ込むことで勃起症状があらわれますが、この大量の血液を送りこむ為に必要不可欠なのが血管拡張作用をもたらすサイクリックGMP物質です。
この物質は体内で自然に作られていて細胞内に増殖することで陰茎の平滑筋が緩み血管拡張作用を引き起こします。

この活動によって大量の血液を送り込むことが可能になるのです。

これらのように、勃起症状を引き起こすまでには様々な器官が瞬時に活動しています。

つまり、勃起をするためには脳、神経、血管、海綿体の全てが正常に機能していることが絶対条件と言えます。


勃起現象が正常に起こらない場合

勃起の仕組みイラスト
上述で説明した通り、脳、神経、血管、海綿体のすべてが正常に機能していれば勃起現象が起きますが、勃起不全の場合はいずれかの機能に異常をきたしている可能性があります。

その場合はどこに異常があるのかをしっかりと見極めて対策しないといけませんが、特に常用しているお薬等がなく薬剤性EDの可能性がないようでしたら、シアリスをはじめとしたED治療薬を服用する事で勃起不全を改善できます。

ED治療薬には「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」がありますが、それぞれのお薬の特徴や自身の体質に合わせて選ぶのが良しとされています。

ただし、初めてED治療薬を服用する方や、現在バイアグラやレビトラを服用していて体質的に合わないという方に対しては、当サイトではお薬の効果作用時間が36時間程度と長く、副作用も非常に弱いシアリスとそのジェネリック医薬品を推奨しています。

シアリスとそのジェネリック医薬品については前項(シアリスの有効成分タダラフィル)をご確認ください。