勃起不全にはシアリス

器質性EDは生活習慣病などの身体的な問題が原因ですが、シアリスを含むED治療薬の服用と生活習慣の改善で治療できます!

勃起不全の原因~器質性ED~

血管内イラスト 勃起不全を引き起こす原因は物理的な問題や心因的な問題など様々ですが、身体的な問題からくる勃起不全を器質性EDと言います。

身体的な問題とは物理的な要因で勃起が妨げられるもので、主に血管障害・生活習慣病・神経障害・分泌機能低下などの症状に起因します。
何が問題で勃起不全を引き起こしているのか。

その理由を正しく認識することで適切な治療ができ、改善を図る事が出来るようになります。


血管障害が要因となる勃起不全
血管障害が要因となる勃起不全の中でも大半を占めているのが血管の動脈硬化によるものです。
この動脈硬化は糖尿病や高血圧をはじめ、高脂肪症などの所謂、生活習慣病が原因によるものと、加齢により血管壁が硬化してしまうことで起こる原因の2つがあります。

生活習慣病の合併症によって勃起不全になる割合は非常に高く、特に糖尿病を患っている患者の半分以上は勃起不全などの症状が出るという統計も出ているほど因果関係が強いと言えます。

また、加齢による血管壁の硬化は30代後半からから徐々に進行し、40代になると急激に進行が早まり勃起不全などの症状があらわれ始めます。

血管と心臓















神経障害が要因となる勃起不全
神経障害が原因となる勃起不全は性的刺激を感知する中枢神経と、その刺激を送る末梢神経が正常に機能していない事が原因です。

性的刺激を正常に伝達できない理由として、前立腺ガンや直腸ガン、陰茎部の手術などに外的な手術を受けた際に、陰茎に繋がる神経が断裂させてしまったり、事故による脊髄損傷、または骨盤損傷で神経を傷つけてしまうケースがあげられます。

また、糖尿病性の神経症や脳卒中、パーキンソン病などを患っている人も同様の原因によって勃起不全の症状を引き起こすケースがあります。

分泌機能低下が要因となる勃起不全
器質性EDの中でも最も多いのが分泌機能の低下によるもので、男性ホルモンの一種「テストステロン」の分泌量が減ることが原因です。

テストステロンは男性ホルモンの一種で、精子を作る役割の他に性欲・勃起力を維持させる役割があり、この男性ホルモンが加齢とともに(主に40代~にかけて)その分泌量が減り、勃起不全や性欲減退の症状を引き起こします。

また、その他にテストステロンの分泌量が減る原因として、過度なストレス、慢性的なストレス、喫煙、飲酒もあげられます。

器質性EDの治療には、シアリスをはじめとしたED治療薬がとても効果的ではありますが、同時に生活習慣の改善が勃起不全の改善へと繋がっていきます。

勃起不全の原因である器質性EDにおすすめの治療薬はこちら
タダシップ・タダライズ・タダリフト