勃起不全にはシアリス

ストレスやトラウマなどが原因で勃起不全になる心因性EDの治療は、
ED治療薬の服用だけではなく原因の解消が必須です!

勃起不全の原因~心因性ED~

目をふさぐ男性 心因性EDとは、不安やトラウマなどの心理的・精神的な問題が原因で起こる内面的な勃起不全です。

身体的な問題からくる器質性EDとは異なり、心因性の場合はうつ病や統合失調症などの精神疾患だけでなく、ストレスや潜在的トラウマも要因としてある為、誰にでも起こりうる身近な症状と言えます。

また、精神状態も大きく影響しており、人によって様々な原因があるため、原因の特定が難しいだけでなくその治療には地道な努力が必要不可欠と言えます。

心因性EDは一人で悩まず相手に打ち明けることで改善されてりもするのでパートナーがいる場合には二人三脚で改善を図るのが望ましいでしょう。


精神疾患による勃起不全
うつむく男性 精神疾患が原因で勃起不全になる要因にはうつ病や統合失調症などがあります。

その他の要因としてアルコール依存、薬物依存等の精神疾患が原因でEDとなるケースも少なくありません。

また、最近では男性のうつ病患者も急増しており、心因性EDに起因する環境は年々悪化の一途を辿っていると言えます。


うつ病と勃起不全の関係
うつ病や統合失調の治療には向精神薬や抗うつ薬が使われます。

これらの薬は人間の中枢系神経に作用し、神経を鈍化させる効果(詳細は薬剤性ED)があります。

この中枢神経系は勃起にも大きく関係しており、神経が鈍化することによって勃起が妨げられる状況が慢性的に続く事で勃起不全になってしまうのです。


心理的な原因
人間関係がうまくいかない男性とその上司 人間関係によるストレスや自身の性器に対するコンプレックス、経済的な不安などが原因で勃起不全になってしまうのが心理的な原因によるものです。

また、相手への愛憎葛藤や幼少期のトラウマ(エディプス・コンプレックス)なども深層心因と呼ばれ心理的な原因である一つです。

ストレスやコンプレックス・不安を深く考えすぎてしまうと性的興奮を伝える副交感神経よりも交感神経が活発になってしまうため、勃起を妨げる原因になります。

また、深層心因が原因となっている場合、自身で自覚症状がない(気付いていない)ため、心理的な要因となっていることに気づかない事が多くあります。

心因性EDの治療には、シアリスをはじめとしたED治療薬がとても効果的ではありますが、根本的な解決方法として普段からストレスを溜めない事や、心配事や悩み事の解消、精神的疾患の治療、パートナーの協力などが重要になってきます。

性行為の際にはED治療薬を服用しつつも、普段の生活においては根本的な原因の解消に努めるようにしましょう。

勃起不全の原因である心因性EDにおすすめの治療薬はこちら
タダシップ・タダライズ・タダリフト